目元・口元や唇のシワは早めのケアが肝心です

早いうちにケアを始めましょう

笑ったときに誰にでもできる、目元のシワ。また、小鼻から口角にかけての溝(法令線)も、笑っていないときまでくっきり刻まれていると、顔を老けて見せます。しかも、このシワはたるみの進行とともに深くなりがち、早いうちにケアを始めたほうがよさそうです。目元と同じように、口元や唇にできるシワも、紫外線や乾燥が主な原因です。これ以上悪化させないために、まず、シワを作る原因を取り除き、そのうえでお手入れをして改善していきましょう。

紫外線と乾燥を徹底的に防ぐ

外出するときは、徹底的に紫外線から肌を守り、下地+ファンデーション+パウダーでしっかりガードします。もちろんファンデーション類は、紫外線防止効果があるほうが安心です。パウダリーファンデーション1種類をつけるよりは、面倒でも下地からファンデーション、パウダーと重ねた方が紫外線カット力がアップします。また、日傘や帽子も強力な味方。乾燥は毎日のお手入れでケアできます。水分と油分をバランスよく補ってあげましょう。

美容液は筋肉の流れに沿って

注意して欲しいのがオイリー肌なのに小ジワのできるタイプ、脂分の分泌が多いため潤っていると勘違いしがちです。この場合は水分を主に補い、油分は控えます。肌のたるみとも関係のある法令線ですが、肌を引き締める効果のあるファーミング用美容液を使えば、かなり発生を遅らせることができます。でも、美容液なら何でもいいというわけではないので気をつけましょう。つけ方は〃筋肉の流れに沿って〃がポイントです。手の平で温めながらつけると効果もアップします。シワが目立つ場合は、さらにシワ対策クリームがおすすめです。

美容液は得たい効果により商品を選ぶと良いでしょう。美白効果のあるものは夜に使用すると良いでしょう。昼に使用するとシミの原因になりやすいです。