ボトックスって色々な種類があるんですよ!

クリニック選びの基準にも

ボトックスは、本来はアメリカの製剤メーカーが作ったボツリヌス菌から抽出した毒素を元にした薬剤のことを言うのですが、今ではそのような薬剤や治療法の総称となっていますよね。メーカーによって品質に違いがありますから、ボトックス治療を受けたいクリニックがどんな薬剤を導入しているかを事前に知っておくことがポイントです。厚労省から認可を唯一受けている薬剤を使っているところを選んでおけばまず問題はないでしょう。

複数のボトックスを使う理由って?

ヒアルロン酸治療の時には、その人の肌のたるみやしわに合わせて複数の薬剤を使い分けるのが当たり前になっていますが、ボトックスの薬剤を複数導入しているクリニックも、表情じわの深さや多さなどに合わせてボトックスを組み合わせることで、よりきれいに仕上げることを可能にしています。ピンポイント向きのものや、繰り返し注射しても抗体ができにくいもの、痛みが少なくて広範囲向きのものなど様々なタイプのボトックスがあるんですよ。

逆に気を付けたいものは?

低価格でボトックスを注射してくれるところは、念のために気を付けておいた方がいいでしょう。そのようなクリニックは安価なアジア製のボトックスで低価格化を可能にしていることが多いからです。安価なだけあってしわを薄くする効果も弱いですし、痛みが出やすいという面も。トラブルを回避するためにも、値段でクリニックを選ぼうとしないで、どのメーカーの薬剤を使っているかを公式サイトなどで明記しているところを選びましょうね。

ボトックスは、しわやたるみなどの肌トラブルの軽減に役立つことが知られ、華麗や紫外線などの影響で肌の質が衰えている人にとって、魅力ある施術として期待されています。